マルトク ブログMarutoku Blog

カテゴリー

病気・障害の知識 廃用症候群(生活不活発病)カテゴリー:病気・障害の知識

投稿日:2018/10/15

廃用症候群(生活不活発病)

廃用症候群とは

廃用症候群とは、身体を動かさないことにより生じる、全身の様々な機能低下のことをいいます。

昔から、病気になると「安静にしましょう」と言われてきました。これは、なるべく身体を動かさないことにより、身体の自然回復力を促して病気を治していく、という医学の基本的な考え方です。

ところが、安静にし過ぎると、逆に身体には良くないこと(悪影響)がある、ということが最近分かってきました。しかも、特に高齢者では、その影響が大きいようです。

廃用症候群の症状

安静にし過ぎると、身体のどんな機能が低下するのでしょうか?

分かりやすいところでいうと、まずは「筋肉」。筋肉の力(筋力)は、日々、筋肉を使うことによって維持されています。絶対安静(寝たまま、全く身体を動かさない状態)では、筋力は1日3%落ちると言われています。1週間で10~15%の低下、3週間で30~60%も筋力が低下すると言われています。筋力というのは、我々が思っているよりも早く低下していくのです。

ただこれは、「絶対安静」の場合の話です。普段は元気な人が、インフルエンザなどの病気で、数日、自宅で安静にしたとしても、トイレに行くときは歩いていくでしょうし、ご飯を食べるときはなんとか身体を起こして座って食べるでしょう。歩くときに足の筋肉を使い、ご飯を食べるときに手や腕の筋肉、姿勢を保つための筋肉などを使っているので、そこまで筋力は落ちません。

ところが、普段から介護が必要な高齢者が、肺炎で2~3週間入院したとしましょう。病院の中での生活は、ほとんどベッド上となってしまいます。ベッド上でご飯を食べ、排泄もオムツやカテーテルとなり、入浴だってお風呂には行かずに看護師さんがベッド上で身体を拭いてくれるかもしれません。このような状態は、絶対安静に近く、筋力はどんどん落ちていきます。2~3週間の入院で、肺炎は治ったとしても、筋力が20~30%落ちてしまって、元々歩けていたのに、退院後は歩けなくなった・・・という人も、実際におられます。元気になるために入院したはずなのに、これでは本末転倒です。

そして、安静によって機能が低下するのは、筋肉だけではありません。他にも、身体のあらゆるところが機能低下を起こしてきます。下に例を挙げます。

  • 筋肉・・・萎縮する、筋力が低下する
  • 骨・・・萎縮する、骨がもろくなる
  • 関節・・・動きにくくなる、関節拘縮が起きることもある
  • 心臓・・・心臓の拍出力と、血液を循環する力が低下する
  • 肺・・・呼吸しづらくなる、呼吸が浅くなる
  • 脳・・・ぼける、ぼーっとする、意欲がなくなる
  • 皮膚(褥瘡)・・・圧迫された部分が傷(褥瘡)になる
  • 深部静脈血栓・・・血が固まりやすくなり、血栓ができる
  • 消化器(胃・腸など)・・・食欲がなくなる、便秘になる

 

生活不活発病

このような症状は、絶対安静にしていれば、誰にでも必ず起こりますし、絶対安静とはいわないまでも、不活発な生活を続けていると、徐々にこれら全身の機能が低下してきますので、「生活不活発病」とも言われています。

何らかの病気や障害を抱えた高齢者の方は、施設や在宅で不活発な生活になりやすいので、常に廃用症候群の危険と隣り合わせです。寝たきりになるのは、ケガや病気そのものが原因ではなく、ケガや病気の後、不活発な生活が続き、廃用症候群が進んだ結果といえる場合がほとんどです。

年をとっても、たとえ病気や障害を持っても、自分らしく、イキイキと人生を送るためには、廃用症候群の予防が不可欠です。

必要以上の安静は×

高齢者に対して「無理しない方がいいですね~」と、一見、優しそうなご家族や介護職は、実は、廃用症候群を助長しているのかもしれません。確かに年をとって病気や障害があると、ご本人はしんどいことが多いですが、プロの介護職は、上手に声かけをして身体を動かすきっかけを作っていきます。

高齢者自身も、周りで関わる人達も、廃用症候群の恐ろしさを正しく理解し、必要以上に安静にさせないことが大切です。

株式会社マルトク ヘルス事業部
株式会社マルトク ヘルス事業部
06-6976-9847 受付:10時~17時
06-6976-9847
受付:10時~17時
大阪府大阪市東成区東今里2-16-18

2018年 敬老の日限定ギフトセット販売終了のお知らせカテゴリー:マルトクからのお知らせ

投稿日:2018/09/13

いつもマルトクのホームページにお越しいただきありがとうございます!

本日9月13日の午前をもちまして敬老の日限定ギフトセットの販売を終了いたしました。
本年もたくさんのご注文をいただき誠にありがとうございました。

今後もマルトクをご愛顧いただけますようどうぞよろしくお願いいたします。

株式会社マルトク ヘルス事業部
株式会社マルトク ヘルス事業部
06-6976-9847 受付:10時~17時
06-6976-9847
受付:10時~17時
大阪府大阪市東成区東今里2-16-18

2018年 敬老の日限定ギフトセット販売のお知らせカテゴリー:マルトクからのお知らせカテゴリー:未分類

投稿日:2018/08/20

おじいちゃんおばあちゃんいつまでも元気でね。いつもありがとうまだまだ残暑厳しい日が続きますが、あと10日で8月も終わりですね。

そして9月といえば敬老の日があります。

今年は9月17日(月)です!

良い機会ですので、普段は中々言えない日頃の感謝の気持ちをしっかりと伝えましょう!

「何が喜ばれるのかわからない・・・」「毎年プレゼントがマンネリ気味・・・」という方はマルトクの素敵なステッキはいかがですか?

今年もマルトクでは、敬老の日限定ギフトセットをご用意いたしました。→コチラ

是非ご覧ください。

株式会社マルトク ヘルス事業部
株式会社マルトク ヘルス事業部
06-6976-9847 受付:10時~17時
06-6976-9847
受付:10時~17時
大阪府大阪市東成区東今里2-16-18

病気・障害の知識 ロコモティブシンドロームカテゴリー:病気・障害の知識

投稿日:2018/08/17

ロコモティブシンドローム

ロコモティブシンドロームとは

ロコモティブシンドロームは、「運動器症候群」とも言われ、「運動器の障害のために移動機能の低下をきたした状態」です。進行すると介護が必要になるリスクが高くなります。2007年に、日本整形外科学会が提唱した概念です。

 

locomotive organsは、「運動器」という意味で、運動器とは、筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった、身体の中で運動に関わる器官のことをいいます。

ロコモティブシンドロームは、これら運動器に何らかの障害が起こり、「立つ」「歩く」などの移動機能が低下した状態のことをいいます。

 

ロコチェック

7つの項目からなる簡単な「ロコチェック」というものがあります。下の7つの項目はすべて、骨や関節、筋肉などの運動器が衰えているサインです。1つでも当てはまればロコモの心配があります。

  1. 片脚立ちで靴下がはけない
  2. 家の中でつまずいたりすべったりする
  3. 階段を上がるのに手すりが必要である
  4. 家のやや重い仕事が困難である
  5. 2kg程度(1リットルの牛乳パック2個程度)の買い物をして持ち帰るのが困難である
  6. 15分くらい続けて歩くことができない
  7. 横断歩道を青信号で渡りきれない

※上記は、簡単なチェックリストで、さらに詳しいチェックリストや運動テストなどもあります。

 

ロコモ対策(ロコトレ)

日本整形外科学会では、「ロコトレ」として、下の基本的な2つの運動を毎日やることを推奨しています。

1.片脚立ち

左右1分間ずつ 1日3セット

・転ばないように、つかまるものがある場所で、片足を少し上げて、その状態をキープします。

・姿勢はまっすぐ(背中や首も、まっすぐ)

・バランスを崩しやすい場合は、テーブルなどに指先や手をついて

・連続で1分間できない場合は、分割(10秒×6回など)してもOK

2.スクワット

ゆっくりと5~6回 1日3セット

 

・肩幅より少し広めに足を開いて立ち、「膝を曲げて、伸ばす」をゆっくりと行います。

・膝がつま先よりも前に出ないように、おしりを後ろに沈めるような意識で。

・両手を前に出しておくと、バランスがとりやすく、正しいフォームを意識しやすい

クワットの代わりに、「イスからの立ち上がり運動」でもかまいません。

安定したイスとテーブルで、テーブルに軽く両手をつき、「イスから立って、座る」を繰り返します。

これらの運動が一人で安全にできない場合は、専門家(理学療法士など)に相談してください。

株式会社マルトク ヘルス事業部
株式会社マルトク ヘルス事業部
06-6976-9847 受付:10時~17時
06-6976-9847
受付:10時~17時
大阪府大阪市東成区東今里2-16-18

2018年度 夏季休暇のお知らせカテゴリー:マルトクからのお知らせ

投稿日:2018/08/01

夏季休暇のお知らせ

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

誠に勝手ながら、弊社の夏季休暇を下記のとおりとさせていただきます。
皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

2018年8月11日(土)~8月15日(水)

8月16日(木)より通常営業いたします。

 

お問い合わせ対応について

同休業中の電話・FAXでのお問い合わせはお休みさせていただきます。
電子メールでいただきましたお問い合わせにつきましては、8月16日以降に順次対応させていただきますので、ご了承の程、お願いいたします。

株式会社マルトク ヘルス事業部
株式会社マルトク ヘルス事業部
06-6976-9847 受付:10時~17時
06-6976-9847
受付:10時~17時
大阪府大阪市東成区東今里2-16-18